わずか3年で189人の教え子全員をシングルプレーヤーに
導いたカリスマレッスンプロ、小原氏のよるゴルフ上達法!

 

この商材は、6枚のDVD(計5時間強)で構成されており、
難しいゴルフ理論を頭で覚える」のではなく、
筋肉に直接正しい動きを覚えさせる」のがポイントです。

 

また、このDVDは基本的なスイングやアプローチも
丁寧に解説されているので、初心者の方でもスコア
100を切るための理論がわかりやすく説明されています。

 

プロゴルファーから練習法を学んで、正しい方法で徹底的に練習したい方には
お薦めなDVDです。

 

数々のゴルフ雑誌でも紹介され、ロングセラーとなっている練習法です。

 

ゴルフ上達に必要な要素をすべてカバーしています。

 

 

日本トッププロコーチ、谷将貴が「最新ゴルフ理論」
を公開!これまで延べ30,000人以上のゴルファーの
飛躍的なスコアアップを実現!

 

アメリカでのゴルフ留学で最先端のスイング理論を
マスターし、プロゴルファー片山晋真呉や北田瑠衣
さんにコーチングするなど多くの実績を残しています。

 

日本ゴルフツアー機構で3年連続でJGTOベスト
サポート賞を受賞したツアープロコーチ
です。

 

この実績をもとに最新ゴルフ理論をアマチュアゴルファー用にまとめた
ゴルフレッスン教材が「谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム」です。

 

とてつもないスピードで上達する人たちが続々と誕生し、ゴルフ歴が
たった3年で72のパープレーで回ってしまうなど、とんでもないアマチュアゴルファー
まで出現しています。

 

 

 

 

なぜ、ゴルフで100が切れないのか?

 

最高のショットを求めないのがプロで、それを求めるのがアマチュアということ!

 

この事が理解できたらあなたは必ず100を切れます。

 

 

ティーショットの誤差を縮める

 

ゴルフの100切りの条件として重要なのは、スタートでのティショットのよしあし。

 

とはいっても問題となるのは飛距離ではありません!

 

左右への誤差なんですね!

 

ボギー狙いの初心者にとってドライバーの飛距離は200ヤードあれば十分です。

 

飛距離はヘッドスピードによって決定されるので飛距離アップには自ずと限界が
あります。

 

でも方向性はそうはいきませんよね。

 

そこで方向性を高める方法をいくつか紹介します。

 

まず第一は、普段の練習で自分の球筋をつかんでおくことにあります。

 

100が切れない人の多くはスライサーだと思いますが、ショットしたボールが
どういう飛び出し方をして、どのあたりから、どれくらい右に曲がっていくかを
しっかり把握しておく事。

 

そして、コースではそのイメージを頭に置き、あらかじめボールの落下地点を
予測してアドレスをとればいいのです。

 

また、実践では、あえてドライバーを使わずにスプーンなどでティショットする
のも1つつの手です。

 

スプーンはドライバーに比べてロフトが大きいので、ボールにかかるバックスピン
は多くなります。

 

ボールにかかるスピンの量が多ければ多いほど方向性は安定します。

 

もちろんそのぶん飛距離は落ちるが、シャフトが短くなるのでミート率が
アップし、左右への誤差はかなり少なくなります。

 

フェアウエーが狭いホールや、右のOBが気になるホールなどでは安全確実な
方法といえます。

 

ショートアイアンの精度を上げる

 

スライスが出やすい初心者にとって、7〜9番のショートアイアンは最も
使いやすいクラブです。

 

ヘッドが大きくロフトもあるのでボールがつかまりやすいのがショートアイアン
の利点。

 

飛距離的にも150〜110ヤード程度をカバーするクラブなので、ラウンド中最も
使用頻度が高い番手といえます。

 

100を切るためには、このショートアイアンの精度を上げる事がポイントの
1つです。

 

練習場ではついついドライバーなど長いクラブばかり時間をかけがちだが、
スコアメークを考えるならショートアイアンに重点を置き、練習時間の半分以上は
ショートアイアンの練習に費やする事が大切
です。

 

番手ごとにボールの高さや飛距離を正確に把握し、10球中8球以上は狙ったエリアに
ボールが落とせるようになれば、スコアは確実に縮まってきます。

 

コースでは最高のショットを打とうとしない

 

全くの初心者ならいざ知らず、すでに10ラウンド以上の経験があるにも関わらず、
今だ100が切れないという人は、練習場などでの最高のショットを基準ににして
ラウンドするところに問題があるのです。

 

例えばドライバーショットでいえば、練習場で数十発、数百発打ったうちの数発が
250ヤード飛んだからといって、自分の実力をすぐにそこに置くのは大間違いです。

 

練習はあくまでも練習であり、コースではまずそんなショットはでないと
考えた方がいいでしょう!

 

100切りを狙う人は、全てのショットに対して「そこそこでいい」というような
気持ちを持つことが大事!

 

ドライバーならまずまずの方向に200ヤード前後飛べばOK、アイアンなら距離は
気にせず、狙った方向に飛べば十分と考えてラウンドすれば、大きくスコアを
崩す事はなくなります。

 

自分のショットに過大な期待をせず、多少のミスは当たり前と考えてショットを
組み立てれば、逆に大きなトラブルは案外防げるものです。

 

また、途中大たたきしたホールがあっても、決してプレーを投げ出さないこと!

 

万一、それがスタートホールであれば「いつものミスが最初に出ただけ」と考え
そのホールの事は意識から外し、どのホールも常に1番ホールのつもりでプレー
するように心がける事が大切です。

 

そんな中、オススメなのが以下の教材です。普通に打ちっぱなしなどで球を打つ
だけの練習法では中々上手くなれません。

 

練習をして100を切り上達するには、以下で教えている事をまずはこなしていく事、
つまりこの方法をこなすことによって上達していくのです。

 

難しい事は書かれていませんし、ただボールを打つだけの練習ではなく、練習の
課題がある事により後はそれをこなすだけなのです。

 

ただボールをなん十球、何百球打つだけで上達すればいいのですが、まずそれでは
100はきれませんし、上達もしません。

 

決められた課題を時間がある時に、縛られなくこの練習をこなすことこそが上達の
近道であり、100を切れる近道なのです。

 

 

わずか3年で189人の教え子全員をシングルプレーヤーに
導いたカリスマレッスンプロ、小原氏のよるゴルフ上達法!

 

この商材は、6枚のDVD(計5時間強)で構成されており、
難しいゴルフ理論を頭で覚える」のではなく、
筋肉に直接正しい動きを覚えさせる」のがポイントです。

 

また、このDVDは基本的なスイングやアプローチも
丁寧に解説されているので、初心者の方でもスコア
100を切るための理論がわかりやすく説明されています。

 

プロゴルファーから練習法を学んで、正しい方法で徹底的に練習したい方には
お薦めなDVDです。

 

数々のゴルフ雑誌でも紹介され、ロングセラーとなっている練習法です。

 

ゴルフ上達に必要な要素をすべてカバーしています。

 

 

日本トッププロコーチ、谷将貴が「最新ゴルフ理論」
を公開!これまで延べ30,000人以上のゴルファーの
飛躍的なスコアアップを実現!

 

アメリカでのゴルフ留学で最先端のスイング理論を
マスターし、プロゴルファー片山晋真呉や北田瑠衣
さんにコーチングするなど多くの実績を残しています。

 

日本ゴルフツアー機構で3年連続でJGTOベスト
サポート賞を受賞したツアープロコーチ
です。

 

この実績をもとに最新ゴルフ理論をアマチュアゴルファー用にまとめた
ゴルフレッスン教材が「谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム」です。

 

とてつもないスピードで上達する人たちが続々と誕生し、ゴルフ歴が
たった3年で72のパープレーで回ってしまうなど、とんでもないアマチュアゴルファー
まで出現しています。